理事長挨拶

平素は、健康に関します当センターの考え方をご理解頂きまして、多大なるご支援を賜っておりますこと、心から感謝申し上げます。

理事長 宮﨑東洋

当センターの前身であります中部労働福祉協会および東海検診協会が皆様の健康管理のお手伝いをしておりました昭和30年代は、戦争の傷跡が少しずつ癒されつつある時代でしたが、働く人々は未だ生活することに追われ続けており、ひとりひとりがご自身の健康を意識することなどまったくできない状況でありましたし、人々が働く企業自体の意識も極めて低いものでありました。

しかしながら、当センターが設立された昭和40年代後半頃よりは、働く人々ばかりではなく企業の健康に関する意識も大いなる高まりを見せ、「働く人の健康は企業のかけがえのない資産である」とまで言われるようになったわけです。 確かに今日では、働く人々の健康が確保されなければ、企業・団体・集団の健全な発展は望み得ない時代になったものと思います。

当センターでは、働く人々の健康管理、労働管理、職場の環境管理に十分に対応できる多数のハードウェア、ソフトウェアを有しており、その充実、改善にも力を注いでおります。 東海検診センターは健康管理のプロとしての能力を結集し、今後も働く人々の健康管理、健康増進および職場の環境づくりなどのお手伝いをさせて頂きます。


一般財団法人東海検診センター 理事長
宮崎東洋